Menu
Close 

   

大杉漣の最後の映画タイトル(教誨師)の読み方と意味は?何役?

 

スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2018年2月21日に急性心不全のため、急逝した俳優の大杉漣さん。
本当に急な出来事で日本中が驚きましたよね。

亡くなられた後も、出演中だったドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」もご家族の意向で放送となり、漣さんの姿を目に焼き付けた方も多いのではないでしょうか?

そして、大杉漣さんが初プロデュース!主演を務めた映画

「教誨師」

2018年スクリーンで大杉漣さんを見ることができます!

その映画なんですが、漢字が難しくて読めない。。
最後の主演映画となった「教誨師」について調べました!

プロフィール

本名:大杉 孝
生年月日:1951年9月27日~2018年2月21日(66歳没)
出身地:徳島県小松島市
身長:178cm
体重:72kg
血液型:B型
趣味:サッカー(鰯クラブ主将)、ギター、テニス、サーフィン

サッカーが大好きでした


趣味はギター!かっこいい!

映画のタイトルと意味は?

さぁ、この難しい映画のタイトルですが読み方はこちら!

教誨師(きょうかいし)
英語ではprison chaplainと言うそうです。

きょうかいし?って何??
聞き慣れない言葉ですよね。
そして意味もなんだろう??
調べることたくさんありそう!

まずは日本語から調べました!

教誨師(きょうかいし)とは
刑務所内における受刑者に対し、その非を悔い改めるよう教え諭す人。だそうです!

そして、英語のprison chaplainですが、Google翻訳で訳したら

「刑務所の牧師」と出ました!

両方を見ると意味がわかりますね!

悪いことをした人に対して、道徳教育をし改心するよう導いてくれる人です!
そういう人を教誨師(きょうかいし)と言うんですね!

漣さんは何の役?

この映画ですが、大杉漣さんが初めてプロデュースした映画であり、主役となります。
大杉漣さんは教誨師(きょうかいし)の佐伯を演じます!
映画の内容は、佐伯の苦悩や葛藤が描かれているそう。

上映は10月6日より東京・有楽町スバル座ほか全国で順次公開です!

まとめ

教誨師(きょうかいし)という意味がわかると、きっと映画の内容は色々考えさせられる内容な感じがします。役者仲間から愛された漣さんの最後の主演映画、是非スクリーンで見たいですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FJBLOG , 2018 All Rights Reserved.