Menu
Close 

      2018/03/08

長崎ランタンフェスティバル2019!おすすめグルメやホテルや駐車場も!

 

スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

観光地として旅行におすすめの長崎県。
冬のおすすめ観光は何と言っても「長崎ランタンフェスティバル」。
赤いランタンが長崎市内の街中に飾られ、とっても幻想的でかわいい町並みへと変身します!
中国の旧正月を祝う行事として、毎年開催されています。
全国各地、多くの方がランタンフェスティバルを楽しみに来られる訳ですが、おすすめの食べ歩きフードや、ホテル、車で来られる方のために周辺駐車場もご紹介します!

長崎ランタンフェスティバルについて

長崎は古くから中国との交友関係があり、日本三大中華街(横浜、神戸、長崎)の1つでもあります。
長崎ランタンフェスティバルは長崎市の中心部ならどこへ行ってもランタンを楽しむことができるのですが、メイン会場とサブ会場で中国雑技や巨大なランタンを楽しむことができます。

メイン会場:湊公園(長崎県長崎市新地町1500-1)
中華街を抜けたところにあります。

サブ会場:中央公園(長崎県長崎市賑町5-100)
大きなSL列車が目印でしたが、老朽化が進み現在はありません。残念!

また、浜町アーケードや、中島川沿いも沢山のランタンが飾られます。

2019年の開催期間は2月5日(火)~2月19日(火)まで!
この時期は町中で食べ歩きしても嫌な目で見られることもないので、たくさん中華グルメを堪能しましょう!

ランタンフェスティバルおすすめグルメ

色とりどりのキレイなランタンとともに楽しみたいのが美味しい中華!
お店で食べてもいいですが、やっぱり食べ歩きが楽しみです。
この時期は中華街活気づいており、色んな食べ物に目移りします。
これは絶対食べるべき!おすすめの食べ物はこちらです。

角煮まんじゅう
甘辛い豚の角煮を包んだ角煮まんじゅう
1つ300円~400円。
長崎の老舗、「岩崎本舗」の角煮まんじゅうが間違いなく美味しいです。

チーズハトシ
長崎卓袱料理のハトシ。
ハトシはエビのすり身をパンで挟んで揚げたものです。
私がおすすめしたいのは、普通のハトシではなく、チーズハトシ!
絶対にチーズがおすすめ!とろけたチーズが入っているチーズハトシは何個でも食べられちゃう!

ちまき
もっちもちのもち米を笹の葉で包んだもの。
たくさんの具が入っていて美味しい!
1個150円。

マーラカオ
中国風のカステラと言った感じです。
ふわっふわの蒸しパンケーキです。
甘くて卵がいっぱい使われていて幸せな気持ちになりますよ!
プレーンや栗入り、チョコレート(マーブル)など3種類くらいが主にあります。
1個200円くらいです。

チョコレートよりより(マファール)
ランタンフェスティバル限定のチョコレートよりより!
1本100円です。
蘇州林で購入できます

海老雨巻(えびさめまき)
1本300円
最近のランタンフェスティバルでお目にかかるようになった一品。
ぷりぷりの海老がながーい春巻きの中に春雨と一緒に入ってます!
海老雨巻は長蛇の列ができることも!

おすすめホテルは?

ランタンフェスティバル会場に徒歩圏内!
リッチモンドホテル長崎思案橋 
ホテルJALシティ長崎 
ホテルフォルツァ長崎 
ホテルベルビュー長崎出島 
ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル 

徒歩圏内だけど電車移動が楽
ホテルニュー長崎
JR九州ホテル長崎 
ホテルクオーレ長崎駅前 

キレイだけど電車や車で移動
ザ・ホテル長崎 BWプレミアコレクション 
ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート 

おすすめの駐車場

長崎市内の駐車場一覧はこちら

メイン会場・サブ会場に近い!

・リファレンス銅座パーク(長崎県長崎市銅座町7−13)
・リファレンス銅座第2パーク(長崎県長崎市銅座町13−17)
・WITHビル(長崎県長崎市浜町10−21)
・東亜閣パーキング(長崎県長崎市鍛冶屋町5−72)
・思案橋パーキング(長崎県長崎市本石灰町6−3)
・銀嶺パーキング(長崎県長崎市鍛冶屋町2−11 銀嶺ビル 1F)
・賑町パーキング(長崎県長崎市栄町5−5)
・トラストパーク賑町(長崎県長崎市古川町5 長崎県長崎市古川町5-23)

電車で移動時間5分!
こちらは歩いてお散歩がてら移動も可能ですが、歩くのが嫌な場合は路面電車で5分以内の場所もおすすめです。
・ゆめタウン夢彩都(長崎県長崎市元船町10)
・AMUプラザ長崎(長崎県長崎市尾上町1−1)
・橋本大波止駐車場(長崎県長崎市元船町14−10)

この他にもコインパーキングが多くあります!

まとめ

冬の楽しい長崎観光♪
キレイなランタンと美味しい中華でお腹も心もいっぱいにしてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FJBLOG , 2018 All Rights Reserved.