Menu
Close 

   

小説「ランチ酒」の実在するお店はどこ?原田ひ香さんが紹介

 

スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

ランチ酒とは

原田ひ香さん著書の実在するグルメ小説。

タイトルからしてグルメ本かと思うが、ただのグルメ本ではないのです!
グルメ+心温まる人間模様が繰り広げられている。

主人公はバツイチ、アラサーの犬森祥子。
祥子の職業は「見守り屋」。
見守り屋とは、深夜の見守り業。熱を出したこどもの見守り、お年寄りの見守りなど、付き添いが仕事。
祥子の仕事が終わるのはお昼前。なのでランチは1日を締めくくる食事。いわばディナーと同様だ。
唯一の楽しみはランチと一緒に飲む酒。ランチを決めるポイントは酒に合うか。

そんな祥子の胃袋を刺激する実在する絶品グルメのお店はどこなのか!?
王様のブランチで作者、原田ひ香さんが紹介していました!

第一章 武蔵小山のお店

くいしんぼう がぶ


出典/食べログ

ど~ん!完全に飯テロ!!よだれよだれ。
巷で人気のローストビーフ丼とは違って、しっかりとした「肉」感が楽しめる。

小説で登場したがぶ丼は、お店の看板メニュー。
牛肉が隙間なく盛り付けられていて、まるでバラみたい!大きな肉の花が咲いている!

ご飯とお肉の間には、千切りキャベツ。お肉の上には黒コショウがたっぷりかかっている。
お店は人気で行列ができることも!

インスタグラムでもアップされているようです ♯がぶ丼
かなりインスタ映えしてます♪

出典/Instagram

お店は武蔵小山駅から徒歩5分の場所。
オレンジ色の外観に大きく「がぶ」と書いている看板が目印。

出典/食べログ

店内はバーっぽいカウンターとテーブル席。
店内は小さめでアットホームな印象。
お一人様でも入りやすい!

食べログでも評価は平均以上の3.58!人気店です。

がぶ丼の値段

・レギュラーサイズ肉(180g)1400円
・肉1.5倍(270g)1990円
・肉1ポンド(435g)3340円
味噌汁、お漬物つき。

営業時間

[平日]
昼 11:30~13:30
夜 18:00〜22:30L.O.

[日・祝]
夜のみ 18:00〜21:30L.O.
定休日 土曜

席数:13席
住所:東京都目黒区目黒本町3-7-9
電話:03-5722-1766

まとめ

がぶ丼是非一度食べてみたいですね!
原田ひ香さん自身も何度か足を運んでいるお店だそう。
「ランチ酒」は一章一章が短くて読み進めやすい。
小説を読んで来てみてはいかがでしょうか!?

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FJBLOG , 2017 All Rights Reserved.