Menu
Close 

      2018/01/07

暇な時の過ごし方!お金をかけずにできる9つのこと!

 

スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

ヒマーーーー!!!
とにかく暇!
誰とも絡みないし、超絶暇すぎるー!
スマホいじるけど、ネタないから別にやることないし。
恋人いないから話し相手いないし。
お金ないからどこか行くこともできないし。
このままだと腐っちゃうよーーー!
もう本当に暇すぎて一言も発していないんじゃないか!?
とにかく、誰も相手してくれないなら自分で何とかするしかない!
暇つぶしにもってこいのことをご紹介します!

①Googlemapで世界を旅する


お金はなくても画像で世界旅行はできます!
今日はアメリカ、明日はヨーロッパ。
Googlemapで全く知らない場所を見つけて、その国を検索する。
気分はダーツの旅のような感じで、自分では考えもしていないような場所を探す。
目を閉じて指が触れた国を検索してみるとか。
ちなみに今目を閉じて指したのは「マン島」でした。
どこだよ笑。みたいな感じです!
そこからストリートビューでバーチャルお散歩開始!

②興味のない芸能人を調べる


普通は自分が好きな芸能人やアーティストを検索するものですが、全く興味ない人を検索してみる!
例えばテレビに出ている芸能人。
好きでも嫌いでもないけどただただ見ている人とかいますよね。
絶対に検索することない人なのにその人について調べてみましょう!
知らなかった事がたくさん出てくるはずです!

③飯テロ画像を検索する


とりあえず「飯テロ」や「シズル感」って検索してみてください。
めちゃめちゃ美味しそうな画像がずらり。
たまりません~~!
お腹もすいちゃう!
検索を進めていくと、自分の住んでいる地域の飯テロ画像に出会えるかも!
そしたら食べにも行けますよね!

④間取り図検索


よく紹介されているかもしれませんが、ここで楽しむポイントは、絶対に自分が住むことが無いであろう部屋を検索すること!
住む場所、家賃、設備など最高の条件で検索してみましょう。
賃貸物件でも売買物件でも構いません!
見たこともないようなすごい物件がずら~!
六本木ヒルズとか簡単に家賃100万オーバー!
わ~すごい~~。
結構検索楽しいですよ!

⑤ゾゾタウンでウィンドウショッピングする


自分の好きなファッションから、自分が着ないジャンルの服まで、隈なく検索する!
異性のファッションも研究してみるのもオススメです!
研究を重ねて異性の趣味にも敏感になれるはず!
暇だったはずなのに知らぬ間にモテるポイントを見つけられるかも!

⑥筋トレする


1つのことに集中してストイックに筋トレもかなりいいです!
とりあえずどの筋肉を鍛えたいかを調べて、集中的にトレーニング!
私はサッカーの長友選手がやっている体幹トレーニングを何気に毎日数分やっただけで腹筋がカチカチで少し割れましたよ!
あとは腕をグルグル回すだけで二の腕が引き締まって半袖も恥ずかしくないほどに!
暇はチャンスと思いましょう!

⑦早起きor夜更かしをする


あえていつもと違う時間に活動しましょう。
早く起きて外を散歩やランニングをするもよし、普段見ることのないテレビを見るもよし。
意外と早朝のテレビ番組って面白かったりしますよ!
情報も誰よりも早く入手できますしね!
朝だけの特別な朝マックとか朝モスとかもあります!←こちらお金必要ですが。
そして夜更かしをする。
こちらもいつもと違う発見があります!
深夜のテレビ番組ってめちゃめちゃ面白いです!
深夜といっても0時1時とかのことじゃないですよ。3時4時とか。
普通の規則正しい生活では発見できないことがありますよ!

⑧マッチングアプリを始める


こちらはお金がかからないのは女性にはなってきますが、何もしないと知り合うことがないはずの人と知り合うことができます。
「ペアーズ」「タップル誕生」「Omiai」「with」など。
一人で暇しているよりも、誰かとメッセージのやり取りでいいから繋がっていたいですよね!
もしかしたらここで恋人ができる可能性もあるのですから、やらない手はないですよ!

⑨最新の曲を覚える


大人になると、最新の音楽とかうとくなってきますよね。
悲しいです~!
暇な時こそ最新の曲を覚えて、もしもの時に披露できる曲を練習しましょう!
なんなら洋楽でもいいでしょう。
聴くだけでもいいけど、歌えるようになったら最高ですよ!
MTVやオリコンで調べてみて、気になる曲を検索しましょう!

まとめ

いかがでしたか?
超絶暇な時の過ごし方。
色んな暇のつぶし方があるかと思いますが、こんなことをやってみてはいかがでしょうか!
その時の暇つぶしから、自分のためになる暇つぶしまでご紹介でした!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FJBLOG , 2018 All Rights Reserved.