Menu
Close 

      2018/02/06

Financial.Orgとは?福岡セミナーの実態とビットコインの関係!

 

スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

Financial.Orgという金融教育プラットフォームとビットコインについてのセミナーが福岡市博多で開催されました。
この日は総勢100名以上の参加者(ほとんど大学生)と登壇者、その関係者など多くの人で会場は溢れていました。
まずは登壇者がアイスブレイクを入れながら、ビットコインの話し、Financial.Orgの話し、それから関係者から案内があり、約3時間弱のセミナーでした。

Financial.Orgとは?

Financial.Orgはイギリスのロンドンに本社を置く、金融教育プラットフォームです。略してFO(エフオー)と言います。
世界各国に拠点があり、日本では東京、北海道、そして2017年12月もしくは2018年1月にキャナルシティ博多に福岡拠点を設立する予定です。
Financial.Orgの大きな目標は、投資した金額を年利100%にすることです。
100万投資した場合、来年には200万にすることを「目標」にしているのです。
目標」であり、年利100%を必ずお約束します。という訳ではないということのようです。
また、Financial.OrgはF1のチームである「Williams Martini Racing」のスポンサーとして、Williams Martini Racingの公式ホームページにも記載されています。

ビットコインからFinancial.Orgの話へ

登壇者はプレゼンに慣れていて、会話に惹き込まれる話し方です。
たまにジョークを織り交ぜながら会場の参加者を魅了していました。
今、世界は(主に日本ですが)ビットコインで盛り上がっています。
この方もビットコインで資産がかなりすごい額になっているそうです。
そもそもの投資額が大きいからだと思われます。
しかし今1ビットコイン=200万以上の価格です。(2017年12月時点)
普通の人では簡単に手を出せる気軽なものではありません。
日本では金融リテラシー教育がなされていないので、「投資=悪だ、損する」のイメージがどうしても先行してしまう。
でも、Financial.OrgはAIを使った株売買をしています。
秒単位で株を売買しているのです。この瞬時の売買を行うことで、年利100%が目指せるという仕組みです。

登壇者が伝えたいこと

ビットコインはこれからもっと市場が大きくなるから、早くビットコインに投資しましょう。
でも、投資するお金がないなら、まずFinancial.Orgを使って投資して資産を増やしましょう。
Financial.Orgからビットコインの購入が可能なのでやらない手はないですよね?
ということを伝えたかった模様。

関係者からの話し

登壇者からの話は終わり、関係者数名が各テーブルに付き、今回のセミナーの内容を説明。
Financial.Orgへの投資は通常富裕層しか買えないほどの額からのスタートだが、今回本社と決定した事項で福岡に拠点を置くので、今なら38万で投資できますよ。とのこと。
さすがに大学生相手なので「・・・・38万。。」と言った感じ。
そして、「困っているなら相談してね。」の一言が。

Financial.Orgとセミナーの疑問点

Financial.Orgの取扱う株の銘柄はMicrosoft、Facebook、IBM、Apple、Adobe等どれも有名株ばかり。
素人が聞いたら「おぉ~」と思いそうな銘柄ばかりだが、Financial.Orgのパンフレットと当日のプレゼンのことを投資家に話を伺ったところ、Financial.OrgのAIの取引スキルがどのようなものか不明だが、この有名株をどう頑張って売買しても年利100%は無理であろうという見解だった。
また、セミナーの参加者に関しても疑問を提唱していた。
彼らの最終目的は学生への金貸しではないのか?とうことだ。
お金のない学生をターゲットにこの様な投資話を持ちかけるだろうか?
普通なら初めから投資家をターゲットにするはず。との意見。
だから「困っているなら相談してね。」なのだ。
F1チーム「Williams Martini Racing」のスポンサーであることに関しても、信用を上げているようだがお金を出せばどの企業でもスポンサーになれる。
F1チームだってお金は必要。お金さえ払えばスポンサーになれるのである。

まとめ

Financial.Orgがどのような企業なのかは現状不明。
日本語サイトも無いようだ。
Twitterは「Financial.Org@日本」というものが存在している。
Financial.Org博多セミナーがいいかそうでないかはセミナーなど参加して、目的が「投資で人生を豊かにしよう。」なのか、「困っているなら相談してね。」なのか自分の目で確認してみる必要もあるようだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FJBLOG , 2017 All Rights Reserved.