Menu
Close 

      2018/05/14

クリティカルシンキングday5「栄養ドリンク」枠組みと振返り

 

スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

グロービスのクリティカルシンキングday5の課題「栄養ドリンク」の枠組みを、忘れないうちに振り返り!
自分勝手に書いていきますので、グロービスで課題に悩んでいる方へのヒントになれば。
もちろん、これって決まった答え、正解はないんですよね。
回答は人それぞれ。
そんな目線で見て下さい!

状況

①自分は栄養ドリンクメーカーの営業マン。
②新商品を「棚に置いて欲しい」と営業中。
③相手はイメージとして、郊外にあるおじいちゃん・おばあちゃんがやっている小さい個人のお店。
④相手とは今まで取引がなく、かつ相手は忙しい様子。

この状況で相手にどんなアピールをすればいいか?
ちなみに、day5はコミュニケーションの図り方の授業。

考え方

まずはイシューの設定から。
今回の内容だと、「棚に置いて欲しい」のだから、「どうやったら棚に置いてもらえるか?」と設定しそうだが、そうではなく、おじいちゃんの立場で考えること。
なのでイシューは「この商品を棚に置くべきか?」と設定することで、話を聞いてくれるかもしれないし、取り扱ってくれるかもしれないし、興味をもってくれる可能性が出てくる。

枠組み

枠組みは、イシューに沿って膨らませること!
さぁ、おじいちゃんにどうやって商品をアピールするか?
コミュニケーションにおいては、イシュー・枠組みを相手の立場で考えること。

枠組み① 店にとって良いことがあるか?
・売れるか?
・儲かるか?
・お客さんは増えるか?

枠組み② お客さんにとって良いことがあるか?
・喜んでくれるか?
・効くのか?

枠組み③ 懸念はないか?(初取引からの観点)
・売りやすいのか?
・信用できるのか?

コミュニケーションの枠組みなので、相手ありき。
こっちが「これでどうだ!」と思っても、結果相手次第。
相手の立場になって考えることが重要。

枠組みの下の論点をたくさん用意することが大事!
枠組みだけ考えても、ダメ。
思いもよらない質問が相手から来た時に対応できるように、論点を洗い出すこと。

クリシンも残すところあと1回。
頭で理解していても、実際に使うとなると瞬時にロジックツリー出てこないですよね。
さて、次の課題に取り組みます!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FJBLOG , 2018 All Rights Reserved.